| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旅行記 1

 どうも、お久しぶりです。

 
 旅行から帰ってきて、久しぶりのブログ更新です。

 ミラノは7月とは打って変わって、暑くても25度、朝晩は17度ととっても過ごしやすくなりました。




 イタリアの8月はヴァカンス時期。

 ミラノの8月はほとんどの人がヴァカンスをしに海や山に行っていて、ほんとに静かです。
 お店もほとんどがしまっているので、ちょっと寂しいぐらい。



 ということで、私もアルと一緒にの~んびりするために(毎日のんびりしているのですが)、タクちゃんの働いている山に行ってきました。

 タクちゃんはただいま、携帯の電波がぎりぎりな場所にある町のトラットリアで働いているので、私たちとは別居中。休みの日にミラノに帰ってくるという生活。

 片道最短で4時間半なのでそんなに頻繁にも帰って来れません。

 Milano centrale→Cesena(Emilia romagna) ここまでeurostar Frecciabianca で3時間30分
 Cesena→S.piero in bagno までバスで1時間30分。 このバスも1時間に一本。山越えします。

 久しぶりに車酔いしました・・・。
 あんまり酔わないほうなんだけど、クネクネ道と、山道慣れした運転手さんのスピードで、到着した頃にはぐったり・・・。
 



 S.piero in bagno は山に囲まれていてとってものどか。



    spiero in bagno







 私たちの滞在中はすでに涼しかったので見れなかったのですが、夏は蛍が見れるそうです。水と空気がきれいなんですね。
 星もきれいにみれて、流れ星も何回かみました。




 滞在中のアルは、朝窓を開けると立って外をチェック。

 いつもと景色が違うから楽しいのかな~?






    部屋からアル




 アルの見ていた景色はこんな感じの山。


    タクちゃんの部屋から




 たまに牛達が山を散歩しています。






 タクちゃんが仕事の日はやる事がなく、なんせ携帯の電波ぎりぎりだしネットできないし、特に観光名所があるわけではないので、運転ができない私は毎日 アルの散歩→読書という毎日を過ごしました。友達からもらった「沈まぬ太陽」全5巻を読み終わりました。3巻では何回泣いた事か...。どっぷり浸かってしまいました。





 この町唯一(?)の観光スポットであろう、城(?)に行ってきました。

 Castello(カステッロ/城)って看板に書いてあったからね、どんなもんかな~と思っていったんですが、城跡でした。





    城跡



 この山の町からもっと山頂に行ったところです。






 
    castelloから見た景色







    余裕のアル



 ビーチサンダルで行った私は、この道を登りながら後悔してました。
 一応道はあるんだけどね。ほぼトレッキングコースでしたよ。







    アル











 もちろん、ご飯を食べにトラットリアに行ってきました。

 ホームページはこちら→http://www.locandagamberorosso.it/


  Locanda al gambero rosso(ロカンダ ガンベロ ロッソ)です。

 前にも食べにきた事があるので、今回で2回目。前回はこちら→ボストンテリアと firenze-レストラン編-



 
 お通しとパン。 


   stuzucchino.jpg







  
    pane.jpg







 いいポルチーニ茸が入ってきたといってたので、前菜はポルチーニ茸のインサラダと牛肉のカルパッチョとトリュフ。





    anti1.jpg







    anti2.jpg






 プリモは豆のラヴィオリとミント風味のソース(上にのっているのはほぼピーマン)・・・もう一皿なんて名前だったけな?





    primo1.jpg








    primo2.jpg





 セコンドは子羊を食べました。ラム肉は苦手なんだけど、これは臭みがなくおいしくいただきました。

 写真を撮る前にがっついてしまったので食べかけです。




    
    セコンド







 最後にドルチェ。





    デザート






 私、イタリアで初めて一人でコース料理を食べました。

 従業員の人とちょこっと会話をしながらだったのですが、一皿ずつでてきてゆっくり食べるので、食べ終わったら11時でした。びっくりしました。

 少し寂しかったけれど、デザートまでおいしくいただきました。



 ごちそうさまでした。



 アルも一緒に行ったのですが、レストランでは基本寝ている子なので、私はかまってもらえず・・・。








     お疲れアル





 このトラットリアは今のシェフ、ジュリアーナおばちゃんのお母さんが始めたお店で、ここの土地でとれた物を使った家庭料理を提供しています。
 家族経営ということもあって、温かい雰囲気のお店です。

 ぜひ機会があれば足を伸ばして行ってみてください。



 旅行記2に続く・・・。




ブログ村ランキング



ブログ村に参加しています
☆☆な~んにもしなかったアルをなでていってね☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


 

スポンサーサイト

| 旅行 | 18:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボストンテリアとFirenze -Firenzeの街散策編-

Firenze3日目は街をあてもなくぶ~らぶ~ら。




   
    lampredotto.jpg



 お腹がすいたので、まずは腹ごしらえ。

 トスカーナ料理のLampredotto(ランプレドット)という牛の内蔵を煮てパンに挟んだ物。

 正しい値段はわすれっちゃんだけど、4ユーロはしなかったかな・・・?
 おいしいですよ~~。食べていくとパンが汁でしっとりしてきて、これがまたおいしいんです。
 ツユダクもできるんです。
 Firenzeの市場や屋台などで売られているので、ぜひおためしあれ。









 
 
 友達にカップルにだいぶかわいがられているアル。旅行中は甘えさせてもらったね。


 バックに入ってみたり。




    バックイン






 歩いてみたり。


   アル








 覗いてみたり。


    覗いてみたり







 Piazza della signoria(シニョリーア広場)にいって銅像をみてみたり。



    銅像






 横にダヴィデ像のコピー

    ダヴィデ







 ポンテヴェッキョを渡って



    pote vecchio





 Palazzo pitti(ピッティ宮殿)にいってみたり。



    pitti宮殿







    
 1日で色々なところに行きました。





 

 夕飯はbistecca fiorentina(ビステッカ フィオレンティーナ)という豪快な骨付きステーキを食べてかえりました。体力づけにね。




    fiorentina.jpg

 
 
         -電車編に続く・・・-



ブログ村ランキング



ブログ村に参加しています
☆☆アルをなでていってね☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


| 旅行 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボストンテリアとfirenze-レストラン編-

2日目は少し足を伸ばして、エミリア・ロマーニャ州のBagno di romagnaという街にあるレストランまで行ってきました。




 車で2時間の旅。山を二つ超えました。





  
    山1





    山2



    山3




    山4





 イタリアののだかな風景に癒される私たち。





 
    標高




 標高1050mでした。これってどの位なんだろう・・・?







 高速を使わないで街まで2時間半、ついたら山道なのもあってすでにぐったり。







 Bagno di romagna という所は山に囲まれていて、季節に恵まれているのでここだけでとれる食材もたくさんあるらしいのです。

   
    bagno di romagna









 食べに行ったレストランはここ。


 Locanda al gambero rosso 

Via Giuseppe Verdi, 5, 47021 Bagno di Romagna FC
tel:0543 903405
 http://www.locandagamberorosso.it/

 家族経営の小さなお店。

Bagno di romagnaでとれる食材を使って、この土地のレシピで調理した料理が食べれます。


    locanda gambero rosso




 -むか~し、むか~しこの土地では塩を取りに行くのにとてもたいへんだったので、塩が高級品で大切に使われていました。なので、ここのパンは塩を使いません。



 という昔話をするレストランでした。






 

 アルはすでにお疲れモード。




    アル1







 stuzzichino


    ストゥツキーノ






Antipasto


    アンティパスト





 Primo piatto



    ravioli 2

    

 このラヴィオリのソースの中に入っている豆。
 ひよこ豆ににているけど、平たくてひよこ豆と空豆の間の子みたいな味がしました。



    豆






    ravioli.jpg






Secondo piatto



 私が食べたのはtrippa(牛の胃袋)



    アンティパスト






 タクちゃんはagnello(子羊)


    agnello.jpg






Dolceの残骸・・・


    デザート







 デザートでがっついてしまうからいつも残骸ばっかり。だめだなぁーと反省。




 最後に甘いvino飲んで(なんて名前だったけな??あとでタクちゃんに聞かねば)、ランチは終了。



  


 お店の人もとっても親切だったし、お腹も満たされて、大満足のランチができました。


 


 私たちがゴハン中、アルは充電中。

 ほっぺがムニッとしていることなんて関係なし。



 
    アル 2





 ごはんの後はCesenaという街を観光しに行きました。


                         -Cesena 散策に続く・・・-


ブログ村ランキング



ブログ村に参加しています
☆☆ほっぺがムニムニなアルをなでていってね☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






    

| 旅行 | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボストンテリアとfirenze -夜ゴハン編-


Firenze初日の夜はタクちゃんも一緒にトラットリアで夕飯。




 次の日はランチをしにレストランに行く予定だったので、軽めの食事ということで。





 
 アンティパストにプロシュートとブルスケッタ。




    antipasto.jpg




 と一人ずつプリモを頼んで、




    gnocchi.jpg






    spaghetti.jpg






    zuppa.jpg


 野菜とか古くなって固くなったパンを煮たズッパ。これ美味しかったな~。







 ほぼカフェイン中毒の私は最後にカフェを飲んで・・・




    caffe.jpg









 夜のフィレンツェの街を散歩して帰りました。



    散歩




 たっぷり歩いたからアル君お疲れだね。



                    -レストラン編へ続く・・・-



ブログ村ランキング



ブログ村に参加しています
☆☆アルをなでていってね☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




| 旅行 | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルーヴル美術館の犬達

 今日は天気が良くて暖かかったミラノ。

 こっちは杉の木がないから花粉症にならない予定なのに、なんだか鼻がむずむず。
 
 これはほこりかー!?と思い、半日掃除でつぶれてしました。



 その間、アルはソファーでブルと日向ボッコ。



  
    ブルちゃん







 まだパリの余韻に浸っている私たち。

 ということで、@parisブログ続行です。



 

 行ってきました、ルーヴル美術館(Musee du Louvre)

私たちはミュージアムパスという物を購入して(詳しくは→http://www.parismuseumpass-japon.com/)2日でパリの観光名所を回ることに決めました。

 このミュージアムパスは2、4、6日(連続した期間)の3種類があり、私たちは2日券(32ユーロ)を購入。

 
 ルーヴル美術館の入場料が9ユーロなので、1日2回入場すればもとがとれます。


 その他、このパスはオルセイ美術館・凱旋門・ノートルダム大聖堂・ヴェルサイユ宮殿などパリの観光名所などで使えるので、上手く計画を立てて観光をすれば、とってもお買い得だと思います。
 しかも、チケットを買うのに並ばなくていいので、効率よく観光ができます。


 私たちは地下鉄を降りて、ルーブル美術館につながる地下通路にあるTABAC(タバック)で買いました。



 1日かけてルーヴル美術館を鑑賞(お昼は外で食べるので2回入場)、2日目はオルセイ美術館+観光名所というハードスケジュール。
 1日でルーヴルはきつかったです・・・。




 平日なのにすごい数の来客者です。

 ひとまず有名どころをぐるっと回りました。
    

    

    ルーヴル2







    ルーブル2



 美術品に詳しいわけではないけれど、サモトラケのニケには感動しました。





    モナリザ



 モナ・リザ

 ロープやガラスでガードされていないルーヴルの美術品達だけれど、モナ・リザは別ものみたいです。



 

    ルーヴル3



 民衆を導く自由の女神

 



    ヴィーナス


 ミロのヴィーナス







 絵画の犬達



    犬






    犬2




    
    犬3






    犬5





   
    犬4





 タクちゃんが頑張って犬達を撮影。


 「この目的がなかったら挫折してた。」そうです・・・。


 


 それも、そのはず。
 私たちが観たのは、古代ギリシア・エトルリア・ローマ部門 、フランス・イタリア・北方・イギリス/スペイン絵画部門、彫刻部門ですが、それを観るのに朝から閉館時間まで(途中お昼ご飯を食べに行ったけれど)かかりました。
 それでも全部は回りきれませんでした。

 最後の方は疲労で意識が遠くの方へ・・・。





 ゆっくり意識を確かに持ちながら観たい方は、休憩しながら1日とはいわず、もっとたっぷり時間を取って楽しむのをお勧めします。





 ルーヴル美術館の来館は計画的に。。。



ブログ村ランキング



ブログ村に参加しています
☆☆明日も晴れるといいな♪アルをなでていってね☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


| 旅行 | 01:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。